るる☆男&女を語ってみました。
    あの人の波乱万丈人生を知りたい!
 
どんなサイト?
いろんな男女の生き方や恋愛を集めてみました。
今のあなたと重ねてみてください。
困難を乗り越え、幸せを掴んだ女性たちの
人生や恋愛を知ることで、元気になれますよ。
自分にたぁ~くさんご褒美を与えてください。
もっともっと、元気になってください。
このサイトでは、ひとり時間の愉しみ方を提案しています。
旅にでたり、美味しいものを食べたり飲んだり、映画を観たり、
読書をしたり、快適な環境づくりをしたり、楽しいと思いませんか?

日本女性(人生編)外国女性(人生編)ランキング
日本女性(恋愛編)外国女性(恋愛編) リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉村たかみ 「男に媚びない女の生きかた」
【一部抜粋】

●うまくいく恋のほとんどは、本当に心から彼を愛している。
 そして、うまくいかない恋のほとんどは、愛しているように見えて
 も、打算で恋をしていたり、彼を利用している。


●本物の恋なら、距離ができても相手を信じられる―これが大切。


●いっときの寂しさに負けて、いいかげんな恋愛をしていると、
 ピュアな恋愛ができない自分になってしまう。


●見せかけのやさしさにつられる女性はその程度の男性しか
 寄ってこない。


●「君のためにこれを探したんだよ」
 「すごく忙しいんだけれど、無理をして時間を空けたんだ」
  本当にやさしい男性は、そんなことわざわざ言わない。


●愛されることばかり求めていると、どんどん怠惰になって、
 その女性は魅力を失っていく。


●恋愛は自分がメイン。彼はどう思っているか。
 そのことばかり考えていると苦しくなってしまう。
 彼を疑うよりも、まず自分の気持ちを確かめるべきです。


●女性は好きな人といると、どうしてもかわいコぶったり、
 ものわかりのいいフリをしたり、やさしい女性を
 演じたりしがちです。いい男と呼ばれる男性ほど、
 そういうつまらない次元のテクニックには引っかからないもの。
 とくに恋愛経験が豊富で、女性のことを知り抜いている男性ほど、
 そんな見え見えの誘惑には振り向きもしない。
 振り向くとしたら、よほど程度の低い男性でしょう。


●ありのままの自分を見せれば、彼の本当の気持ちがわかります。
 それで、彼が去っていったとしたら、運命のひとではなかった
 ということもわかります。運命のひとではない人と
 付き合っていても、人生の時間がもったいない。 
 無駄な恋はすっぱりと切ることも、ときには必要です。


●彼をつなぎとめようとすればするほど、離れていく。
 なのに、つい彼に電話をかけて、
 「どうして会ってくれないの?」
 「私のことを嫌いになったの?」と問いつめたり、
 「話がしたいから、会ってほしいの」とお願いしてしまう。
 彼が冷たくなると、彼に寄りかかり、彼に合わせて、
 彼に媚びるようになる。そして、自分を失ってしまう。


●二股をかけられているということは、
 大切にされていないということです。
 嫉妬に苦しまなくてはいけないということは、
 彼の愛情が足りないということです。
 つらくてみじめな恋は早く断ち切りましょう。


●嫉妬というのは自信のなさの現れ。
 ものすごく嫉妬するような状況になったら、まずは引くことです。
 嫉妬の兆候が出てきたら、これでおしまいになっても仕方ない
 といったん覚悟することです。
 そして、彼から離れて自信を回復する。
 余裕ができたとき、関係はうまくいく。これが恋愛の原則。


●過去をふっきるため、出会った男性に幸せにしてもらおうとする。
 今度こそ、自分を幸せにしてくれるかも・・・。
 そうやって相手にただただ依存してくから、失敗の繰り返しに
 なってしまう。心にどんな傷があれ、ひとつの恋がおわったら
 充電期間をつくることです。まず、自分の足で歩いていくことから
 始めてください。


●男性に甘えてラクをしようとすればするほど、
 自分から発散するエネルギーがなくなっていく。
 打算による不倫は、何の得にもならない。
 自分が幸せになれない恋は、切っていく気力をもつことです。


●恋愛というのは、自分の人生にとって、
 大切なものといらないものを見極めるレッスン。
 だとしたら、無駄な恋をするよりも、ひとりでいるほうを選んでほし
 い。そのほが、早く本物の恋に出会えるのですから。  


●自分にとっての幸せはどういうことなのか、
 わかっている女性でないと幸せになれない。


●恋愛は外見で好きになったとしても、
 その気持ちを持続させていくのは内面の魅力が大きいのです。
 外見がきれいな女性は世の中にたくさんいるけれど、
 内面の魅力はこの世ふたつとないその人だけのもの。
 素敵な女性とよばれている人はみんな、・・・・
 その人らしい個性をもっています。


●若いころ外見でちやほやされても、長い人生は続いていきます。
 中年になって美が衰え、中身が空っぽだったら、
 これほど、虚しいことはありません。


●いいかげんな男性と、ときめきのない恋愛をしているなら、
 恋人がいなくてもいい、独身でもいいという強さをもってほしい。
 出会いを結婚に結びつけることだけがすべてではないのですか
 ら、本物の恋が見つかるまで、ひとりで生きていく気力をもって
 ほしいのです。


●すべて自分から行動を起こせるかどうか。
 恋や結婚につまずいたときこそ、ひとりでいる時間を大切に
 使ってほしいのです。恋愛も結婚もとりあえず、頭のなかから
 消して、自分のやりたいことを探してみましょう。


男に媚びない女の生きかた―いい恋愛、いい結婚をしたかったら 
男に媚びない女の生きかた―いい恋愛、いい結婚をしたかったら
吉村たかみ著(文香社)





「男に媚びる女」とは、男の前と女の前で態度がかわり、
いつも男の目線を気にしている女のことをいうのだろうか。


私は、彼女たちのことを否定しない。

むしろ、健気でカワイイと思うときもある。

トイレにいくたびに化粧なおしをする、ひたむきさは嫌いじゃない。


「あの子は、外見ばかりで中身が空っぽなのよ」
とひがんで悪態をついているブサイク女よりはマシである。


彼女たちは、少なくとも努力している。

ただ、外見を着飾り、表面的な色気をふりまくこと、
それが全てだと思い込んでいるから、哀れなのだ。




じゃあ、その反対に、何事も人に頼らず、常に男と対等であろう、
男たちを黙らせたいと肩肘張って生きている女が、
「男に媚びない女」なのか。

それも違う。

中身はカラカラに干からびている。

内側から溢れ出す潤いがない。

自分に自信がもてないから、自分を弱い人間だと思っているから、
外側にバリアをはっていなければならない。

余裕がないのだ。


「男に媚びる女」とは、対極にあるように見えるが、
本質的には何も変わらない。




「男に媚びない女」とは、相手にどう思われようが、
周りになんと言われようが、常にありのまま(自然体)で
いられる女である。

世間や男に振り回されない女なのである。




「内剛外柔の女」こそ、「男に媚びない女」なのではないだろうか。





応援GO!GO!



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
TBに気づきお邪魔しました。
古いエントリーへのTBでビックリしました。
私も媚びているとは思わないですが、
媚びる女が嫌いではありません。
またお邪魔します。
2005/07/15(金) 00:52:11 | URL | 真行寺涼子 #-[ 編集]
トラックバックありがとうございました
はじめまして。若林了です。
先日は、トラックバックありがとう
ございました。
るるさんの考え方は、聡明な女性
でなければ出来ないと思いました。
素晴らしいです。
ブログはこうでなくては、とも思い
ました。
また、お邪魔させてもらうかもしれ
ませんので、その時はよろしく
お願いします。
2005/07/16(土) 20:37:56 | URL | 若林 了 #0FtB7ubA[ 編集]
なるほど!
るるさん、はじめまして。TBどうもありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。

やっぱり恋愛って、自分のために相手を利用しようとかって思ってやってたらダメですね。本当に相手を愛せないと――。
この本、おもしろそうですね。

あと、中村久子の記事も拝見しました。わたしも、彼女のことを尊敬していましたので……。

またお邪魔します。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m
2005/07/17(日) 00:51:02 | URL | alphecca #-[ 編集]
TBありがとうございます
TBありがとうございます(^^)
肩肘張らずに生きる生き方って簡単なようで難しい・・・特に女性は
「お前のかぁちゃんかっこいいな」と子供の友達に言われるのが私の人生目標です!るるさんの考えには「その通り!」と思うことが多いですねぇ・・・納得!
これからも寄らせてもらいますね
2005/07/24(日) 18:14:21 | URL | りり #-[ 編集]
恋愛至上主義の小梅です。
TBありがとうございます。
すべてのフレーズに、うんうんと納得してしまいました。
シンプルに纏められているけれども、あらゆることのセオリーが詰まっている言葉だと思いました。またちょくちょく遊びにきまーす!
2005/07/29(金) 17:54:07 | URL | 小梅 #zbT7meO.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/10/13(木) 23:04:57 | | #[ 編集]
女性客がどんどん集まるお店のつくり方
私も吉村さんの別の著書を読みました。素敵な方ですね。
2006/05/15(月) 21:51:40 | URL | ひよこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ruru21.blog12.fc2.com/tb.php/10-95aa814f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 いきなりですが、ブログのタイトルが「想い」から 「涙の子守唄」に変わりました。
2005/07/16(土) 20:31:40 | 涙の子守唄
30ン年生きてきて、だんだんわかってきたことがある。わたしは未婚だ。30過ぎて未婚の女性を、世間では「負け犬」と言うそうだ。わたし自身左翼的なものの考え方をしているので、こういう言い方は人権問題に引っかかると言えないこともないとは思っているが、そういう論調を
2005/07/17(日) 00:44:39 | 縄文の風、たましいのこえ
copyright © 2005-2006 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。