るる☆男&女を語ってみました。
    あの人の波乱万丈人生を知りたい!
 
どんなサイト?
いろんな男女の生き方や恋愛を集めてみました。
今のあなたと重ねてみてください。
困難を乗り越え、幸せを掴んだ女性たちの
人生や恋愛を知ることで、元気になれますよ。
自分にたぁ~くさんご褒美を与えてください。
もっともっと、元気になってください。
このサイトでは、ひとり時間の愉しみ方を提案しています。
旅にでたり、美味しいものを食べたり飲んだり、映画を観たり、
読書をしたり、快適な環境づくりをしたり、楽しいと思いませんか?

日本女性(人生編)外国女性(人生編)ランキング
日本女性(恋愛編)外国女性(恋愛編) リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三橋節子(画家)
mihasi


↑感じの絵、みたことありますか。

はじめてみたとき、ギョッとしました。
色彩が暗いし、なんだか気味が悪い。


ある日、友人の家で、1冊の本に目が留まる。
どこかで、聞いたことがある名前。
ペラペラとめくる。
彼女の絵に対する見方が変わりました。



三橋節子。





1939年3月3日、父三橋時雄(京都大学農学部教授)と母珠(たま)の長女として、京都に生まれる。

節子は、裕福な家庭で、温かい父母兄弟に囲まれて、何ひとつ不自由なく育つ。

高校卒業後、京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)の日本画科へ入学。

在学中より新制作展に入選し以後毎年出品。





29歳のとき、同じ日本画家である鈴木靖将と結婚。

3年後、長男草麻生(くさまお)、その翌年長女なずなが誕生する。





「神様のような夫」に、この上なく愛され、その夫との間に一男一女をもった妻、そして生活も、少しずつ画が売れ始めて、どうにか食べられるようになる。


彼女の生活は、公的にも、私的にも順調そのものであった。





その彼女の人生を、突然に病気が、画家としての何よりの武器である右手を奪い、生命すら危険にさらそうとする病気が襲う。

節子が33歳のとき、右鎖骨腫瘍のため右腕の切断を余儀なくされる。

右腕を切断したからとて、病気が完治したという保証はなかった。

絵を描くこともできなくなった。妻として、母としてやっていけるのか。

将来に対する明るい希望はなく、絶望的な思いで過ごす。





夫靖将の

「右手はなくても、俺の手と合わせて三本あるではないか」


という言葉に励まされる。





左手で鉛筆をとり上げ、左手で文字を書く練習をはじめる。

そして、六ヶ月はかかるという字の練習を、一ヶ月足らずで仕上げた。

絵筆もとりはじめ、半年後には、百号2点の絵を描いて再起した。


「絵は心で描くものだ。左手があれば十分だ」


と繰り返し自分に言い聞かせ、描き続けた。

従来の彼女の絵よりも、はるかに優れた作品を生み出していく。





mihasisetuko.mitui

「三井の晩鐘」

昔、龍王の娘が漁師と恋をし、赤ん坊を産んだ。

ある日、女は「実は私は琵琶湖の龍神の化身で、神様にお願いして人間にしてもらいましたが、もう湖に帰らねばなりません」と残し、湖へ沈んでいった。

母のない子は、乳ほしさにひいひい泣く。

すると女があらわれて乳をのませては、また沈んでいく。

子供に乳をやりたい。やらねばならぬ。

が、龍の社会の掟は守らねばならぬ。どうしても湖底からでるわけにはゆかない。

女は苦悩する。苦悩の末、女は自分の右の目玉をくりぬいて渡す。

泣く子にその目玉をなめさせてみると、不思議に泣きやむ。

が、やがて目玉をなめ尽くしてしまう。

女は、風の便りにそのことを知る。

もう一つの目玉をもって行ってやりたい。

しかし、この目玉をとどけたら、女は全く盲目になってしまう。

女は、思い悩む。

火のように泣き叫ぶ泣き声が聞こえてくる。

女は決心して、自らの目玉をくり抜いて、浜の夫のところへ届ける。

女は最後に一つだけ夫に頼む。

両方の目玉がないと方角が分からない、どうか毎晩子供を抱いて、三井寺の釣鐘をついて欲しい、釣鐘の音で、夫と子供の無事を確かめたいと女は頼む。


それから毎晩三井寺では晩鐘をつくようになる。

(「近江むかし話」より)




この盲目になった龍の女は、その後どう生きたのか。

人間と結婚し、人間の子を産んだ龍の女が、龍の世界で重んじられるはずもない。

生きとし生けるものの受ける苦しみを、この龍の女は受け、のたうつように湖の底で生き続けたのだろう。

何度、女は死んでしまいたいと思ったことか。

が、毎晩、かすかに湖の底に聞こえてくる鐘の音に夫と子の無事を喜んで、屍のような生を耐えたのではないだろうか。



節子は、この龍女に自分を重ねた。

盲目の龍女と右腕を失った自分。

いずれは子供たちを残して、旅立たなければならない自分を。



龍女は、形見に、自分の目玉を残す。

節子も、何か子供達に残してやりたいと思う。

彼女が残せるものは、絵だけである。

彼女が、病後の体に、渾身の情熱をふりしぼって左手で絵を描いたのは、こういう形見を残しておきたいという意志ゆえである。

そして、草麻生となずなのために一冊の童画を残す。





その年の暮れ、肺に白い影がみつかる。癌が肺に転移した。

左肺の腫瘍摘出を行うが、この時は手遅れであった。





病室で、5歳の草麻生君、3歳のなずなちゃんに葉書を書く。

【息子くさまおへの便り】

「くさまおくん、おげんきですか。おたんじょうびは、たくさんプレゼントもらって、たのしかったですね。
すぐこわしたりしないで、だいじにあそぶのですよ。
このごろはひとりで、ようちえんへいけるそうですね。もう5つのおにいちゃんですものね。
きょうは、たくさんゆきがふっていますね。どのくらいつもるかな。
また、ゆきだるまをつくったり、こうえんでソリができ、たのしみですね。
では、さようなら△またきてね□また病院にきてね、バイバイ」





【娘なずなへの便り】

「なずなちゃん、おげんきですか。きょうは、たくさんゆきがふっていますね。
“ゆきやこんこん あられやこんこん ♪♪・・・
なーなーはこたつでまるくなっているのか、おにわをかけまわるほうか、どっちかな。
おにいちゃんと、けんかをしないで、なかよくしていますか。
また、こうえんで、ソリにのりましたか。
おじいちゃん、おばあちゃんも、かぜをひかれたそうで、
みなさんに、ごめいわくかけ、すみません。よろしくね。
かあちゃんのかわりに、おばあちゃんのおてつだいしてあげてね。
じゃバイバイ、またきてね。」






この葉書が届くか届かないかの、昭和50年2月24日、節子は息をひきとる。

享年35歳。











今年の6月、幼なじみが亡くなった。

事故だった。

幼稚園に4歳の息子を送るため、信号を渡っていた。

スクールバスが、彼女たちのほうへ。

彼女は、とっさに子供をかばったのだ。



私は、その訃報を聞き、急いで、羽田から実家のある福岡へ向かった。



彼女は一人っ子だった。

誰よりも大切に育てられた。

その大切な娘を失った、年老いた、彼女の両親を見ることはできなかった。



彼女の息子は、右足にギブスをして、一人でポツンと、お行儀よく、椅子に座っている。

お通夜、お葬式の間中、涙をみせない。

皆に心配をかけるまいと、必死に涙をこらえていた。

まだ、4歳である。



こんな幼い子供を残して、旅立たなければならない、彼女の心を思うと、私は、涙をおさえることができない。



三橋節子美術館



応援GO!GO!


copyright © 2005 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
太字の文
トラックバックありがとうございました。
 随分前の記事だったのでびっくりしました。

 当方絵描きです。これからもよろしくお願いします。ではまた。
2005/08/27(土) 10:30:54 | URL | はる #unnLJmdA[ 編集]
はじめまして
三橋節子さんのことでトラックバックをいただいていました。
ずっと気がつかないでおりまして、失礼しました。『湖の伝説』素晴らしいですね。絵も大好きです。
柳原百蓮も書いておられるのですね。心が澄んだ方とお見受けいたしました。
又伺わせていただきます。
2005/08/27(土) 14:37:19 | URL | bega #DRS2qXoE[ 編集]
はじめまして
 トラックバック有り難うございます。
 私は画の解らない人間なんですよ。(笑)
 三橋節子の画が美術的にどうか解りません。しかし彼女の画には心を惹く「物語」がありますね。
2005/08/27(土) 20:59:09 | URL | きとら #-[ 編集]
参考になりました
三井寺は時間がなくてあまり見れなかったのですが、三井の晩鐘にはこんな由来があったんですね。とても参考になりました。大津には三橋節子の美術館もあるそうで、今度近くに行ったときはまた行ってみたいと思います。
2005/08/28(日) 09:34:11 | URL | frugel #-[ 編集]
TBありがとうございました。
るるさんの記事、しみじみと読ませてもらいました。
私も節子さんの絵を見た時の第一印象は るるさんと似ていました。
そして節子さんの絵を見た感想と、亡くなるまでの生涯や、残された子供の気持ちを考え込んでしまった所も、同じだったのでとても共感させてもらいながら読ませてもらいました。

私からもTBさせて下さいね!!
2005/08/28(日) 22:25:07 | URL | かおりん・*:.☆ #U3d8BiGw[ 編集]
三橋節子さん
はじめまして。先ほど三橋節子さんのことについてブログに書きました。

数年前三橋節子美術館を偶然見つけて入ってみました。感動しました。

私は、時空を超えた「人生の先輩」のことを紹介しています。

時間のあるときにお立ち寄りください。トラックバックはよく分からないのでコメントにしました。
2005/11/18(金) 17:20:03 | URL | 時空のウサギ #-[ 編集]
はじめまして!
このたび三橋節子さん(の「三井の晩鐘」)を廻る小文をブログに書きました。
貴サイト、特にお子さんたちへの手紙を参照させていただきました。
2006/01/16(月) 17:49:59 | URL | やいっち #P1LGU.Zg[ 編集]
初めまして
 新日曜美術館で初めて三橋節子さんを知りました。菩薩さまのような天女は花折峠が印象的でした。このエントリーにリンクを張らせていただきました。不都合があれば解除しますので、宜しくお願いいたします。
2007/02/12(月) 08:15:37 | URL | harropage #9bqbzmTY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ruru21.blog12.fc2.com/tb.php/18-0cce1a0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
先日トラックバックをいただいた、るるさんのブログ(るる☆女を語ってみました)の
2005/08/28(日) 09:47:01 | しば遼街道
三橋節子さんという女流画家をご存知ですか?彼女の絵が来ているという事で、今日は少し遠い美術館に行ってきました。節子さんは、2人の子供と御主人を残して35歳で亡くなられました。癌の為利き腕の右手を切断しましたが、左手で描ける様に必死に努力されました。美術館にか
2005/08/28(日) 22:29:02 | ☆:*:・hikari's Diary・*:.☆
「「魔の雪」…雪国」にて若干、紹介を試みた立川昭二著の『病いの人間学』(筑摩書房
2006/01/16(月) 17:44:05 | 無精庵徒然草
大津の三橋節子美術館を訪ねる。三橋節子については梅原猛氏の「湖の伝説―画家・三橋節子の愛と死」をご覧いただきたい。1991年三橋節子回顧展が倉敷で開催された。この回顧展は、倉敷の「はこべ会」という女性中心のグループによって企画運営された。財政面での裏付け
2006/05/30(火) 22:59:16 | ウタとかココロとか、それから山とか・・・
 風邪でダウンの2月7日の夜、酒も飲めない、38℃あるが、座ってTVを見ることはできる状態。 録画してあった「新日曜美術館」の「永別の自画像 三橋節子」を見た。 初めて知った三橋節子(昭和14年~昭和50年)。ありふれた
2007/02/12(月) 08:16:22 | HarroPage
copyright © 2005-2006 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。