るる☆男&女を語ってみました。
    あの人の波乱万丈人生を知りたい!
 
どんなサイト?
いろんな男女の生き方や恋愛を集めてみました。
今のあなたと重ねてみてください。
困難を乗り越え、幸せを掴んだ女性たちの
人生や恋愛を知ることで、元気になれますよ。
自分にたぁ~くさんご褒美を与えてください。
もっともっと、元気になってください。
このサイトでは、ひとり時間の愉しみ方を提案しています。
旅にでたり、美味しいものを食べたり飲んだり、映画を観たり、
読書をしたり、快適な環境づくりをしたり、楽しいと思いませんか?

日本女性(人生編)外国女性(人生編)ランキング
日本女性(恋愛編)外国女性(恋愛編) リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョアン・リー(実業家)

生は挑戦して勝ち取る者のものだ。

愛においても、それはゆるぎのない真理である。

迷いも葛藤も苦悩も、結局は挑戦を決断のために用意されていることに過ぎない。

人生に練習はない。

ただ挑戦して勝ち取る者だけがその生を享受することができる。

生きて、愛して、実験して、冒険して、すべてのことに前向きに「YES」と返事すること。

― ジョアン・リー ―







NHKテレビ番組「ASIA WHO’S WHO」で、韓国を代表する
「国際的ビジネス・ウーマン」「国際的ビジネス界のファースト・レディ」として、紹介され反響を呼ぶ。





彼女は、1945年ソウルに生まれる。

幼い頃から、病気がちで、同世代の子供の集団に溶け込むことができなかった。

「貴族学校」とあだ名がつくほどの韓国一の金持ちの娘たちが集まる聖心女子学校(中学・高校)に通う。

が、中学に上がるころ、父親が腎臓病で仕事を失う。

病院の治療費と借金のため、家を売り払い、貧民街の小さな家へ引っ越す。

そのことが、彼女の疎外感をいっそう強めていった。





そんな彼女が、ソガン(西江)大学で、ケネツ・エドワード・キロレン、韓国名吉路連神父と出会う。

彼は、朝鮮戦争後、廃墟となった荒れ果てた土地を開拓し、大学を設立した、ソガン(西江)大学の創設者であった。

一人ぼっちでいる彼女を全く違う世界へ導いた。

彼女は吉神父の英語の原稿を韓国語に翻訳する手伝いをするようになる。

二人は友情を深めていく。

吉神父は、山や海へと大自然の中へ彼女を連れ出した。





だが、大学内では、神父が一人の女子学生と必要以上に親しくなっているという噂がたつ。

当時の学長の耳に入り、二人で会うことを禁止されてしまう。

憶測と悪意にみちた誹謗中傷が彼らを取り巻いた。

そして、吉神父に転属命令がくだる。

転属先は遠く南のはてだった。それは、正常の人事ではなかった。

会えないという障害が、二人に「愛し合っている」という気持ちを確認させることになる。





22歳の学生と48歳のイエズス会の神父。

今もそうだが、カトリック司祭には、結婚は許されていない。



彼女は苦悩する。

神父の築きあげた名誉と人生を全て奪ってしまうのではないか、と。





吉神父から手紙が届く。



「・・・愛のために破滅の奈落へ落ちつつあるとすべての人に言われても、私の魂だけは純粋です。

いま、ここで私は神様にお祈りをしています。

ジョアンを愛しているので、私たちの結婚を許し、また祝福してください・・・・」





彼女は、吉神父のプロポーズを受ける決意をする。

自分の人生と愛を自分で選んだ。





その日を境に、彼女は「魔女」と断罪されるようになる。

「貧民街の女が金持ちのアメリカ人の神父を誘惑して、玉の輿に乗り、物欲を満たそうとしている」

といった非難の言葉を大声で露骨に浴びせられる。

だが、彼女は耐えた。

講義室へはいり、そばに座ることを嫌って席をはずす人たちの視線にも負けず、

最後まで授業に参加し、まるで汚れたものを見るような目で見ている先生たちを正面から見つめた。

「魔女狩り」の集中砲火の中で、誇りをうしなわないように歯を食いしばって頑張った。





吉神父は精神病院に強制入院させられてしまう。

彼女が病院を訪ねたとき、


「どちら・・・様」


吉神父は名前をいって顔を近づけても彼女のことがわからなくなっていた。

学校と教会側は、結婚計画が社会全体に騒ぎを起こすのを恐れて、精神病棟に監禁し、過多な投薬と洗脳工作で吉神父の気持ちを変えようとしたのである。





その後、吉神父は強制的に国外退去させられる。





彼女と同様、アメリカに戻った神父の現実も厳しかった。

広いアメリカのどこにも吉神父を温かく迎えるところはなかった。

教会も家族も親戚も受け入れなかった。

彼は、高校を卒業してから30年間司祭として生きてきた。

50近い年齢で、世の中のことをなにも知らない男を雇うところはない。





それでも、彼はアメリカ中を探した。

飢え死にするわけにはいかなった。

シカゴの小さな町で子供たちの世話をする職を見つける。

仕事の報酬は驚くほど少なく、アパートの家賃を払うにもこと欠く生活だった。

が、給料の相当部分をはたいて、小さなブローチを彼女に手紙とともに送る。



「ジョアン、こちらの冬はとても寒いです・・・・

ここに、ジョアンの冬を温める小さいプレゼントを送ります。

じつは、今日、私は人生ではじめて給料というものをもらいました。

司祭としてではなく、一人の平凡な市民としてもらった、はじめての給料です・・・・

高いものではないけれども、それでも私の気持ちと体温がこもっているので、

あなたの胸に抱いてください・・・。」



彼女の目に涙が溢れる。





彼女は大学卒業後パスポートの申請をする。

だが、カトリック信者たちの「ビザを出してはいけない」という多数の嘆願書がそれを妨げた。

彼女は負けなかった。

学長に大使館に話しをつけて欲しいと懇願し、パスポートを手に入れた。





彼女は、一人でシカゴ行きの飛行機に乗った。

一文なし、親にも勘当され、友人も失い、天涯孤独になった。





彼らの未知なる人生は、体を横たえるだけの狭い部屋、

バラックのような粗末な建物からはじまった。





ケン(吉神父)はローマ法王へ嘆願書を出し続けた。

時間はかかったが、結婚承諾書を得て、カトリック信者として秘蹟を受けて結婚することができた。

ウェディングドレスもブーケもなく、お祝いの花も歌も客もいない式だったが、幸せだった。





生活は貧しかった。

ケンは決まりかけた大学副学長の職も、

若い外国の女性との結婚のために司祭職を捨てたという理由で、

ダメになってしまう。





ジョアンも働く決心をする。

働いた経験もなく、外国人であるという悪条件であったが、

なんとかタイピングの職を得る。

働きながら、勉強をし、イリノイ工科大学院心理学科に入学する。

勉学を続けながら、子供を産み、育てる。





卒業後は、修士号を買われて、カリフォルニア州政府の対民担当カウンセラーとして採用される。

ケンも、イリノイ工科大学の講師、同大学の発展基金募集委員会の責任者、メルタデコの西部地域の販売促進責任者の仕事についた。

家族も四人に増え、サンタモニカにプール付きの家を購入する。

「カリフォルニアンドリーム」を実現していく。





そんなある日、ケンが韓国に旅行したいと言い出す。

苦い思い出ばかりの韓国に5年ぶりに帰郷する。

バカンス旅行に寄った韓国で暮らし始めることになる。





彼女は、韓国一のチョソン(朝鮮)ホテルの門を叩く。

そして、PRマネージャーの仕事を勝ち得た。

そこが彼女の国際ビジネスのスタートとなる。





4年後、スター・コミュニケーションを設立する。

韓国に進出しようとする外国企業の、韓国でのPR、販売ルートの開拓、国際会議・国際博覧会・国際イベントなどの企画から誘致、準備、広報、進行までをこなす複合的サービスを提供した。

’88ソウル五輪を全世界にPRし、国交のない石油国ナイジェリアに秘密特使として潜入し、韓国企業の進出のルートを開拓した。

「ヨーロッパ先進工業国の国際博覧会」を開催し、新しい工作機械を韓国に入れるきっかけをつくった。

北アイルランドに韓国企業を進出さることに成功し、さらには韓国軍戦力増強のため、MD社の最新型戦闘機FA18の国内導入を周旋し歩いた。



彼女は「国際ビジネス界の星」と言われるまでになる。



23歳の恋、49歳の成功〈1〉 
23歳の恋、49歳の成功〈1〉
ジョアン リー 呉 恵淑 Joanne Lee
文園社 (2000/07)


23歳の恋、49歳の成功〈2〉
23歳の恋、49歳の成功〈2〉
ジョアン リー 呉 恵淑 Joanne Lee
文園社 (2000/10)






彼女は、とにかくめげない。

女性であるというだけで、蔑まれる。

仕事ができるというだけで、妬みを受け、足をひっぱられる。

だが、仕事が楽になったと感じるまでは、やり続ける。

そうやって、あらゆる部署のあらゆる仕事をマスターしていく。





○ 何を任されても最善の努力を集中して注ぐこと

○ 一度任された仕事はそれを“自分の仕事”と思い、

  報酬と条件にかかわらず完全に没頭すること

○ 仕事が単純になり楽にできると感じたら、やめる用意をすること





彼女がいまだに貫いている原則である。

自分の向き不向きで、合わないと次々と転職する人もいるが、

その反面仕事を楽に感じ、その仕事でいかなる発展も期待もないにもかかわらず、

怠惰と無気力症とマンネリの中で仕事をする人もいる。





彼女の仕事への取り組み方は学ぶところが多い。

自分を向上させるには、常に冒険心と勇気をもち続けることが大切なのだ。





覚悟のある女性は、何でも掴んでいく。

自分を信じて、命がけで飛びこんでこそ、

本当の恋もビジネスでの成功も勝ちうるのかもしれない。



応援GO!GO!

 

copyright © 2005 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.

スポンサーサイト
中村久子(だるま娘)
中村久子は、明治30年に飛騨の高山(岐阜県)に生まれる。

貧しい畳職人の家ではあったが、結婚後11年目に生まれた子であり、両親の寵愛を一身に受ける。



だが、彼女が数えで3歳とき、「突発性脱疽」という病気を患う。

肉が焼け、骨がくさり、からだの組織が壊れてしまう病気だった。


医師からは、

「両足を切断しなければならない。
だが、子供のことだから、命の保証はない」

と宣告される。


両親は「切らずに治してください」と医師にすがる一方で、
父(とと)様は藁をもつかむ思いで新興宗教に走る。

夜も昼も一心不乱に神様への祈りを続けた。



久子の治療費と集会所へのお布施で、一家は貧困を極めていく。



ある日、久子のけたたましく泣き叫ぶ声に、母(かか)様が台所から駆け込んでくると、白いものがころげていた。

左手首がぽっきりと包帯ごと、もげて落ちていたのだ。

母様は、あまりの驚きと、悲しみのために気を失ってしまう。




久子は病院に担ぎ込まれ、その月のうちに左手首、ついで右手首、
次に左足は膝かかとの中間から、右足はかかとから切断された。

その後、何度も手術を繰り返す。



痛みのため昼も夜も泣き叫ぶので、近所から、「やかましい子」「汚い子」だと嫌がられ、毎年のように住まいを替えなければならなかった。





久子が7歳になったとき、父様は急性脳膜炎で亡くなる。


体の弱い母様は、生活力がなかった。

そのうえ、久子の病気の治療費がかさみ、多額の借金があった。

母子が生きていくため、母様は再婚する。





久子が9歳になったとき、目が急に痛みだし、そして、一夜にして失明する。

貧しさ故に、腹を痛めた5歳の長男(久子の弟)を育児院に送らなければならず、そのうえ、四肢だけでなく両眼を失明した久子をかかえ、母様は生きる望みを失ってしまう。

久子を道連れに、飛騨高山の激流に飛び込んで、心中しようとした。

しかし、大声で泣きわめきながら

「こわいよう、母様早くおうちへ帰ろうよう」

という久子の言葉に、我にかえり思いとどまる。



その後、久子は視力を回復する。


母様は決心する。

「久子が泣いても喚(わめ)いても、何か一生食べていけるものを身につけてやらねば・・・・」

それ以来、母様の厳しいしつけが始まった。

血のにじむような努力を重ね、縫物、編物、炊事、洗濯、掃除をひとりでできるようになっていく。





しかし、養父との生活は辛いものだった。

「お前のような障害者を家の子と思われるのは恥ずかしい」

と、学校にも通わせてもらえず、久子を一日中薄暗い二階の一室で過ごさせた。

お便所に行きたくてもすぐには行かれず、3時間も5時間も辛抱しなければならない。

食事を与えられないこともあった。

そのうえ、「厄介者」「穀つぶし」と義父は久子に言い続けた。

母様は、障害児をかかえての再婚ゆえ、義父やその親戚に対して肩身が狭く、義父に強くでることができなかった。





20歳になった久子は、見世物小屋に自分の体を売る決意をする。

このときの身売りのお金は、母様が久子の病気の治療のために背負った多額の借金と貧しい義父一家の生活費に充てられた。





その後、23年間、「だるま娘」の名前で、見世物芸人として、
日本全国、台湾、朝鮮、満州を渡り歩くことになる。




興行師のなかには、久子を食い物にするものもいた。

久子を監視下に置き、出演回数を増やし酷使し、満足な食事も与えず、売上のほとんどをとりあげた。

客の入りが悪いと罵倒して唾を吐きかけることもあった。

あまりの仕打ちのひどさに、何度警察に逃げこもうと思ったかわからない。

それでも、耐えるしかなかった。

障害者にはこの社会でしか生きる道がなかったのだ。


「人間は如何なる場合でも、如何なる職業に携わっていても魂を磨くことを忘れてはならぬ。
自分を卑しめることが一番の罪悪だ。
泥の中に咲く蓮の花の誇りをもって生きるよう、努力しなくてはならない。」

という友人の言葉に励まされ、自分の力で人生を好転させていく。



久子は、独学で読み書きを覚えた。

周囲からは、「障害者が学問なんてやって、なんになる」という罵声をあびさせられた。

だが、負けなかった。

彼女は本を読み、教養と精神性を高めていく。





昭和12年4月、日本にヘレン・ケラーが訪れる。

久子は彼女と会う。

ヘレン・ケラーは、涙を流しながら、彼女に言った。

「私より不幸な人、そして偉大な人」





久子は晩年、次のような言葉を残している。

「ある、ある、ある、みんなある」

「私を本当の人間にしてくれたのは、手足のない自分の体でした。」





こころの手足―中村久子自伝/中村久子(春秋社)

中村久子の生涯―四肢切断の一生/黒瀬昇次郎(致知社)

中村久子の一生―いのちありがとう/瀬上 敏雄 (春秋社)

わが母中村久子/中村富子(春秋社)

私の越えて来た道―こころの手足CDブック/中村久子(致知社)






彼女の体現からでた言葉は、魂を揺さぶる。

深く沁みこんでくる。

どんなに不自由であったとしても、泥を飲む環境を強いられたとしても、その中にいる自分を憐れみ、卑しめながら、その泥に染まって生きていくこともできる。

反対に、泥を飲みながらも、蓮の花であり続けることもできる。

自分への誇りが、泥さへも蓮の花にかえてしまうのだ。

どんな状況であったとしても、誇りを失ってはならない。

誇りは必ず、人生を好転させる。



中村久子公式ページ


応援GO!GO!



copyright © 2005 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.

吉村たかみ 「男に媚びない女の生きかた」
【一部抜粋】

●うまくいく恋のほとんどは、本当に心から彼を愛している。
 そして、うまくいかない恋のほとんどは、愛しているように見えて
 も、打算で恋をしていたり、彼を利用している。


●本物の恋なら、距離ができても相手を信じられる―これが大切。


●いっときの寂しさに負けて、いいかげんな恋愛をしていると、
 ピュアな恋愛ができない自分になってしまう。


●見せかけのやさしさにつられる女性はその程度の男性しか
 寄ってこない。


●「君のためにこれを探したんだよ」
 「すごく忙しいんだけれど、無理をして時間を空けたんだ」
  本当にやさしい男性は、そんなことわざわざ言わない。


●愛されることばかり求めていると、どんどん怠惰になって、
 その女性は魅力を失っていく。


●恋愛は自分がメイン。彼はどう思っているか。
 そのことばかり考えていると苦しくなってしまう。
 彼を疑うよりも、まず自分の気持ちを確かめるべきです。


●女性は好きな人といると、どうしてもかわいコぶったり、
 ものわかりのいいフリをしたり、やさしい女性を
 演じたりしがちです。いい男と呼ばれる男性ほど、
 そういうつまらない次元のテクニックには引っかからないもの。
 とくに恋愛経験が豊富で、女性のことを知り抜いている男性ほど、
 そんな見え見えの誘惑には振り向きもしない。
 振り向くとしたら、よほど程度の低い男性でしょう。


●ありのままの自分を見せれば、彼の本当の気持ちがわかります。
 それで、彼が去っていったとしたら、運命のひとではなかった
 ということもわかります。運命のひとではない人と
 付き合っていても、人生の時間がもったいない。 
 無駄な恋はすっぱりと切ることも、ときには必要です。


●彼をつなぎとめようとすればするほど、離れていく。
 なのに、つい彼に電話をかけて、
 「どうして会ってくれないの?」
 「私のことを嫌いになったの?」と問いつめたり、
 「話がしたいから、会ってほしいの」とお願いしてしまう。
 彼が冷たくなると、彼に寄りかかり、彼に合わせて、
 彼に媚びるようになる。そして、自分を失ってしまう。


●二股をかけられているということは、
 大切にされていないということです。
 嫉妬に苦しまなくてはいけないということは、
 彼の愛情が足りないということです。
 つらくてみじめな恋は早く断ち切りましょう。


●嫉妬というのは自信のなさの現れ。
 ものすごく嫉妬するような状況になったら、まずは引くことです。
 嫉妬の兆候が出てきたら、これでおしまいになっても仕方ない
 といったん覚悟することです。
 そして、彼から離れて自信を回復する。
 余裕ができたとき、関係はうまくいく。これが恋愛の原則。


●過去をふっきるため、出会った男性に幸せにしてもらおうとする。
 今度こそ、自分を幸せにしてくれるかも・・・。
 そうやって相手にただただ依存してくから、失敗の繰り返しに
 なってしまう。心にどんな傷があれ、ひとつの恋がおわったら
 充電期間をつくることです。まず、自分の足で歩いていくことから
 始めてください。


●男性に甘えてラクをしようとすればするほど、
 自分から発散するエネルギーがなくなっていく。
 打算による不倫は、何の得にもならない。
 自分が幸せになれない恋は、切っていく気力をもつことです。


●恋愛というのは、自分の人生にとって、
 大切なものといらないものを見極めるレッスン。
 だとしたら、無駄な恋をするよりも、ひとりでいるほうを選んでほし
 い。そのほが、早く本物の恋に出会えるのですから。  


●自分にとっての幸せはどういうことなのか、
 わかっている女性でないと幸せになれない。


●恋愛は外見で好きになったとしても、
 その気持ちを持続させていくのは内面の魅力が大きいのです。
 外見がきれいな女性は世の中にたくさんいるけれど、
 内面の魅力はこの世ふたつとないその人だけのもの。
 素敵な女性とよばれている人はみんな、・・・・
 その人らしい個性をもっています。


●若いころ外見でちやほやされても、長い人生は続いていきます。
 中年になって美が衰え、中身が空っぽだったら、
 これほど、虚しいことはありません。


●いいかげんな男性と、ときめきのない恋愛をしているなら、
 恋人がいなくてもいい、独身でもいいという強さをもってほしい。
 出会いを結婚に結びつけることだけがすべてではないのですか
 ら、本物の恋が見つかるまで、ひとりで生きていく気力をもって
 ほしいのです。


●すべて自分から行動を起こせるかどうか。
 恋や結婚につまずいたときこそ、ひとりでいる時間を大切に
 使ってほしいのです。恋愛も結婚もとりあえず、頭のなかから
 消して、自分のやりたいことを探してみましょう。


男に媚びない女の生きかた―いい恋愛、いい結婚をしたかったら 
男に媚びない女の生きかた―いい恋愛、いい結婚をしたかったら
吉村たかみ著(文香社)





「男に媚びる女」とは、男の前と女の前で態度がかわり、
いつも男の目線を気にしている女のことをいうのだろうか。


私は、彼女たちのことを否定しない。

むしろ、健気でカワイイと思うときもある。

トイレにいくたびに化粧なおしをする、ひたむきさは嫌いじゃない。


「あの子は、外見ばかりで中身が空っぽなのよ」
とひがんで悪態をついているブサイク女よりはマシである。


彼女たちは、少なくとも努力している。

ただ、外見を着飾り、表面的な色気をふりまくこと、
それが全てだと思い込んでいるから、哀れなのだ。




じゃあ、その反対に、何事も人に頼らず、常に男と対等であろう、
男たちを黙らせたいと肩肘張って生きている女が、
「男に媚びない女」なのか。

それも違う。

中身はカラカラに干からびている。

内側から溢れ出す潤いがない。

自分に自信がもてないから、自分を弱い人間だと思っているから、
外側にバリアをはっていなければならない。

余裕がないのだ。


「男に媚びる女」とは、対極にあるように見えるが、
本質的には何も変わらない。




「男に媚びない女」とは、相手にどう思われようが、
周りになんと言われようが、常にありのまま(自然体)で
いられる女である。

世間や男に振り回されない女なのである。




「内剛外柔の女」こそ、「男に媚びない女」なのではないだろうか。





応援GO!GO!



山口洋子 「男というもの」
【一部抜粋】

●・・・男を口説くには二通りがあるのよ。
 ひとつは滅茶苦茶押して押しまくって、断られようと嫌われようと、
 正直にぶつかってゆく方法と、もうひとつは徹底的に相手を無視し
 て、「畜生め」と思わせる方法と・・・・。


●結局遊び上手な女というのは、遊び上手ではなく、遊ばれやすい
 女だ、ということです。


●冷たく言い放せば、不倫と思っているのは、女の勝手な思い込み
 で、男の側からみれば、都合よく遊べる若い女が、
 身近にいるというだけのことではないのかな―。


●男って、最初は「お願いします」っていうくせに、
 女のほうが歓んでるんじゃないか、と思った瞬間、
 やってやるって態度になるのよ。


●いい男を選ぶも選ばないも、自分の眼だと思います。
 自分の心がいつも健康で、素直で明るい鏡でないと、
 いい男は映らない。


●女が、自分の心をいつわらず、愛を選べるとき、
 それは他人や傍らからみてどう思われようと、
 女性としての生涯で、最高に自信が持てる、
 自由で素晴らしい「時期」なのである。


●恋愛というのは、相手のハートとか気持ちを選ぶのであって、
 相手の年齢や立場、便利さを選ぶものではない。
 そうして自分の都合の良さだけで選んだ恋は、
 結局失敗してしまいます。


●いちばんいけないのは、男につかれた嘘に振り回されて、
 次の恋に影響させてしまうこと。


●世のなか、気のない相手を追うくらい、
 お先真っ暗でムダなことはない。
 多少泣き落としで、以前どおり、仲良くなることがあっても、
 しょせん破局劇の幕あいにしかすぎない。


●女は男に甘えられ、金を貸した瞬間から、
 自分の手で素晴らしい恋人を失ってしまうのである。


●もてたがっている女というのは、かっこいいもんじゃない。
 「みすぼらしさ」と「寒さ」と「寂しさ」がついて回る。


●あなたが、ほんとうに真剣に、彼から愛されているかどうかは、
 いままで紹介された肉親・友人の数と、その回数、
 そしてそのときの彼の表情によっても、
 ずい分わかるものなのです。


●顔の造作は、切ったりはったりして、ある程度の工作ができるが、
 人間の精神の内面を表す「表情」は、
 いかなる整形をもっても不可能だ。


●愛さなければ愛されない。愛されなければ愛せない。


●・・・・・・恋をしている最中に、もうこれ以上はできない、
 というくらい燃え尽くせば、絶対あとから恨みつらみはでてこない。
 そうすれば、振り向かないですむ。恨まなくてもすむ。
 そして、ひとつのことが終わったなら、次にむかって、
 歩いていける。これが「正しい失恋のしかた」です。



山口洋子の男というもの
 山口 洋子 (著) 単行本 (2003/11) サンガ ―





最近は、「愛される○○」「愛されるための○ヶ条」
といったタイトルの本や雑誌が書店に並んでいる。

男性に好かれるための、男に媚びる恋愛論・恋愛マニュアルが、
本当に女性を幸せにするのか、疑問に思うことが多い。

自分を偽って、相手に好かれても、苦しいだけだと思う。

いつも相手の顔色を伺っていなければならない。

都合のいい女に成り下がってしまうこともある。

自信をもって、ありのままの自分を出して得た恋が、本当の恋だと思う。





私は、山口洋子さんが好き!!

媚びていない。男気があるって、彼女のことかも。

数十年に及ぶ水商売と作家生活から実体験にみちた恋愛観が貫かれている。

大人の女性としての客観的な視点がカッコイイ。




応援GO!GO!


リンク集
当サイトへのリンクはフリーです。

リンクをお貼りいただく場合は、

下記の内容をご利用ください。

サイト名るる☆女を語ってみました。
URLhttp://ruru21.blog12.fc2.com/
紹介文
(50文字)
いろんな女性たちの生き方や恋愛、
ひとり時間の充実した楽しい過ごし方
などを語っています。
ハンドルネームるる


現在、相互リンクを募集しています。

①あなた様のサイトで、当サイトのトップページ

 【http://ruru21.blog12.fc2.com/】への

 リンクをお願いします。



②当サイトへのリンク完了後、「 メール 」にて

 下記の内容をご連絡ください。

 

 サイト名

 URL

 紹介文(50文字以内)

 ハンドルネーム

 カテゴリーの選択



【カテゴリー】

日記/女性専用/ショッピング/グルメ/トラベル/恋愛/不動産/
ビジネスと経済/キャリア/趣味・学び/メディアとニュース/
スポーツ/車とバイク/Web・インターネット関連/その他



*メール依頼の際、件名に

 「リンク希望サイト名:るる☆女を語ってみました。」

 を追記してください。

 (他の運営サイトと同じメールアドレスを使用しているため)




③当サイトへのリンクが確認でき次第、

 リンクさせていただきます(1週間以内)。





■注意事項

サイトの内容によっては、リンクをお断りさせて

いただく場合もありますので、ご了承ください。

また、更新されていないサイト、リンク切れのサイトは、

管理人の判断で判断でリンクを解除・変更させて

いただく場合もありますので、ご了承ください。




【姉妹サイト】
映画のセリフで口説いてみない?(男性版)
映画のセリフで口説いてみない?(女性版)
出世魚王


【相互リンク集】
《日記》
  • ubiquitous
      日々の日常を綴っています。

    《トラベル》
  • 日本から海外まで旅行にレジャーにお薦め情報ブログ
      温泉天国九州から旅を気楽に楽しむグッズや
      おしゃれな旅の本、お得な旅行・レジャー情報を
      発信しています。

    《趣味・学び》
  • 薔薇色の暮らし
      フラワーコーディネーターのみゆきさんが、
      独自の美の観点から、日々の出来事を語っています。
      


  • copyright © 2005-2006 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。