るる☆男&女を語ってみました。
    あの人の波乱万丈人生を知りたい!
 
どんなサイト?
いろんな男女の生き方や恋愛を集めてみました。
今のあなたと重ねてみてください。
困難を乗り越え、幸せを掴んだ女性たちの
人生や恋愛を知ることで、元気になれますよ。
自分にたぁ~くさんご褒美を与えてください。
もっともっと、元気になってください。
このサイトでは、ひとり時間の愉しみ方を提案しています。
旅にでたり、美味しいものを食べたり飲んだり、映画を観たり、
読書をしたり、快適な環境づくりをしたり、楽しいと思いませんか?

日本女性(人生編)外国女性(人生編)ランキング
日本女性(恋愛編)外国女性(恋愛編) リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安西知津江(極道の妻)
私にとって、指を詰める行為は映画やテレビの世界。

あくまでフィクションでしかない。

現実にあるとしても、男のみに課せられた行為だと思っていた。



これは、実話である。知津江は指を詰めた。3回。

そのうち2回は男のために行った。

1回目はカタギの男との駆け落ち、

2回目は組の若い衆との火遊びにケジメをつけるために。



知津江はとにかく男に惚れられる。

そして、彼女のために命をかける。





昭和16年4月17日、知津江は、サラリーマン家庭の次女として東京郊外で生まれる。

とても内気な娘だった。

中学卒業後、自動車会社に就職し、昼は受付係・電話交換しとして働き、夜は経理学校に通う平凡な生活を送っていた。

そんな彼女だったが、あることがきっかけとなり、転落の人生を歩むことになる。




知津江の妹は中学に入る頃から、グレはじめ悪い連中とたむろするようになる。

19歳になったある日、妹に脅され、連れていかれた部屋で、

肌に般若の彫り物が刻まれた男たちに次から次へと犯される。

知津江の妹は極道に姉を売り渡したのだ。



「もう元にはもどれない」

「もう普通の女ではないんだ・・・・」



そんな思いがこみあげ、泣きながら夜の街を駆け抜ける。

そして彼女は家を出る。

そのまま、犯した男の女になってしまう。






知津江はキャバレーで働きはじめる。

21歳のとき県議会議員の愛人となり、自分の店をもたせてもらう。

その店に、谷口仙太郎という男が毎晩通ってくるようになる。

運命にひきづられるかのように、彼と夜をともにしてしまう。

仙太郎は胸と肩に桜吹雪の彫り物をもつ極道だった。

それを知ったときには、もう遅かった。

彼女は、仙太郎から離れられなくなっていたのである。

愛の証として、左肩に‘仙太郎’の文字とバラの花を彫り、
入籍する。





地獄が待っていた。シャブ、博打、散財、女、暴力。

殴る蹴る、椅子を振り上げ、それがガタガタに壊れるまで叩きのめす、髪の毛をつかんで家中を引きずりまわし、背骨が折れるまで木刀でめった打ちにする、ガラスの灰皿で頭を割る。

知津江は仙太郎からヤキを受け続ける。

組の切り回し。若い衆や仲間との付き合い。

レストラン、バー、ルーレット場の切り盛り。

警察への抵抗。裁判を引き延ばすための接待、偽装入院。

精も魂もつき果てる。





それでも、仙太郎とは別れられないでいた。





知津江は指を詰める。3度目の。

今度は仙太郎を裏切ったわけでもなく、

粗相があったのでもなかった。

“どこかへ行ってしまいたい”そんなどうにもならない気持ちから。





そんなとき、店の従業員の哲也と出会う。

知津江よりひとまわり年下だった。



「こんなことがバレたら二人とも殺されるかもしれないわ」

「見つかったら見つかったときのことさ・・・・・・人間はいつか死ぬんだから・・・」



哲也の気持ちが嬉しかった。

仙太郎に見つかってしまう。

リンチを受ける。

二人は血まみれになりながら逃げ出す。





一度は、電話口で泣く仙太郎の声に揺れ、戻ってしまう。





自分の弱さに気づく。

誰のせいでもない。妹のせいでもない。

妹は平凡な幸せを手に入れている。

一緒に暮らす母は、暴力を受ける娘の姿に耐え続け、
年齢よりも老け込み、やつれてしまっている。

自分を傷つけ、母までも傷つけてしまった。

すべて自分が引き起こした。

その事実を受け入れた。





仙太郎と訣別した。





知津江は、いま関西のはずれの小さな町で、小指を隠し、入れ墨を隠して、一人でひっそりと暮らしている。




私は指をつめた女
私は指をつめた女
安西 知津江 (著) 文庫 (2001/02) 文芸春秋




応援GO!GO!



copyright © 2005 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます
かなり、おもしろそうな話ですね。
これは実話ですか!?
2005/08/07(日) 23:28:47 | URL | asuka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ruru21.blog12.fc2.com/tb.php/13-4d435941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 るる☆女を語ってみました。 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。